rs72’s diary

音楽や楽器、写真、ふるーいMacintoshなどなど、まったく飯の種にならないことばかりツラツラと

中継サーバーを変えてみました

今日もまたPowerbook 520からのメール送信を色々試しています。

毎度載せますが、基本的な環境は次のとおり。

 

 

先日までは転送にMercuryというサーバを使っていましたが、どうも、送信できるときと出来ないときがあって。おそらく自分の設定不足なんですけど、なんせ英語ソフトでして(笑)

 

そこで今日は純国産のBlack Jumbo Dogでやってみます。私が20年前に自宅サーバーをやっていた頃からあって、今もアップデートされ続けているようです。すごいなぁ。

 

そんなBJDですが、昨日までも実は試していて。でもダメで。

 

でも今日、情報のあるページを見つけて、そこのとおりにやってみたらすんなり送信できました!

 

しかも!Eudoraからだけでなく、Netscapeメーラーからも送信できました。ということは他のメールソフトでもいけるのかも。そうなると添付ファイルも可能になるかもしれない!

 

と、まだ見ぬ夢と野望は横に置いておいて、とにかくも、安定した送信環境を得るというのが現時点での最大の目標なので、まずはそこからです。

 

Mercuryでは、長文になるとなのか、単にMercuryの設定不足なのか、エラーになることがよくあって。

 

BJDでこの辺りが解消されたらいいなぁ、とシコシコと長文を打ってる次第です。

 

*****

 

以下はここまでに参照したページです。ほんとね、先達のおかげでいろんなことが出来ます。感謝感謝なのです。

 

でもまさかOld Macintoshに使われるとは思ってないだろうなぁ(笑)

 

あ、海外では、以下にも載せましたが、BatonMailというのを使う方法がOld Macintosh界隈では有名なようです。全てMacintoshだけで解決できます(BJDもMercuryもWindows用)。但し環境を選びます。7.5.5以上でないとダメっぽい。少なくとも現環境の7.1では見事に爆弾が出ました(苦笑)

 

BatonMailはその名前からも想像できるように、中継だけするソフトです。BJDやMercuryは他も色々やれてしまうソフトで、BJDなどはそれだけでWEBもメールも何もかもサーバーを立てられてしまう。Mercuryもほぼ同じ。そういった点から、BatonMailを使えるととてもシンプルでいいんだけど、いかんせん爆弾が出てはどうにもなりません(>_<)

 

BJDもMercuryもWindows機が必要ですが、要求スペックが高くないので、余ってるXP機なんかがあればそんなんでもよろしいかと。セキュリティ的にどうかっていうのはありますが、メール送信するときだけ使うのであればさほど問題にならないでしょう。

 

自宅サーバー、って考えると色々やらなくちゃならないけど、メールを中継するだけのパソコン、って考えると、ほんとね、貧相なスペックのノートパソコンとかで十分です。使うときだけ起動すればいい。

 

Macintoshの中だけで完結できれば最高ですが、漢字Talk 7.1においては、今のところはそういった方法は見つかっていません(OS Xでメールサーバーを立てて、とかは無しとして)。Eudoraのサーバーとかどうなんだろうな。中継機能があれば出来なくもないんだろうけど。時間見つけて触ってみます。

 

ロケンロール!

 

Black Jumbo Dog

http://www.sapporoworks.ne.jp/spw/

 

Mercury

http://www.pmail.com/downloads_s3_t.htm

 

Black Jumbo Dogの転送設定(Mercuryも載ってます)

http://jutememo.blogspot.com/2011/06/smtp-blackjumbodog-mercury-op25b.html?m=1

 

Mercuryの転送設定

http://sogohiroaki.sblo.jp/s/article/181721603.html

 

BatonMailの場合

https://www.fenestrated.net/mac/68kMail/

https://www.mail-archive.com/compact.macs@mail.maclaunch.com/msg15861.html